体毛の濃い私が体感した脱毛サロンについて

私は20代女性です。
生まれつきとても体毛が濃くて小学校低学年の時点で足や腕の毛は男性並みに濃くて体育の時間に半袖半ズボンの姿でいることはとても恥ずかしかったです。
中学生に上がり自分で無駄毛処理をするようになりましたが、わき毛の黒ずみが気になり黒ずみ対策のクリームを塗ったりしましたが効果は特に感じることなく水泳の時間はいくら処理をしっかりしても黒ずみが気になって仕方がありませんでした。
a0002_010277
それから二十歳になり脱毛がしたいなと漠然と考えるようになりました。
そう考えているうちに脱毛サロンの方から声をかけられて強く勧誘をされました。
興味本位で実際に店までついていきそこのお店の店長と色々話しましたが、私は脇と両腕、両足のみの希望でしたが強く全身脱毛を勧められて60万円近い金額になり、そんなお金を持っていない私はローン地獄は避けたいと思いその場は断って店を後にしました。
脱毛は想像以上にお金がかかるから地道に無駄毛処理をするしかないなとしばらく思っていました。
そしてここ最近大手の脱毛サロンが両脇とVラインの脱毛完了までお試し価格で数百円でできてしまうということで、友人が通いだし勧誘も特にされないし全身脱毛がおすすめと言われ数か月前に思いきって体験にいきました。
両脇は特に気にしている部分でやってみたかったので、初めて施術してもらえ、思ってたより痛くもなく二か月に一度根気よく通おうとおもいます。
今のところ勧誘もなく、多額のお金を払うことなくやっていけそうです。

脛の脱毛を自力でしました。

夏の季節になると水関係の施設に行くことが多くなります。プールにしたり海に行ったり川に行ったりするので毛の問題が気になります。自分は脛がかなり毛が多くしかも太く多いので気になっていました。そこで脱毛クリームなどを薬屋さんで購入してさっそく試してみました。今までは剃刀でそったりしてその場しのぎにしてましたが夏の間はいいのですが、冬などズボンを履いたりする季節はそのままですので伸び放題になってしまいます。

でも今回は長くそしてできるだけ生えてほしくないのでクリームの脱毛を選びました。お風呂に入った時に体を洗い脛を綺麗にしてさっそく塗って見ました。しばらく時間をおいてお湯で洗い流してみた所、ごっそり無駄な毛が抜けて足のけがきれいに落ちて気持ちのいい脛になっていました。

これほどの毛が抜けるとは思っていなかったので意外なほどびっくりして感心してしまいました。肌の炎症など起こるか心配していましたが翌日になって何ともなかったのでホッとしました。インターネットなどでクリームが合わないなどの例があると聞いていたので自分の肌に合っているのか心配していましたが自分の肌には合っていました。

今までの脱毛が毛を抜いたりそったりしていたので今回のクリームでごっそり抜けてしかも簡単に出来るので今までの苦労はなんだったのかと後悔してしまいました。自分が使ったものはクリームですが別のタイプにはジェルタイプもあるそうなのでまた足のけが生えてきたらジェルタイプも使ってみようかなと思いました。

医療脱毛の料金なども調べてみましたが(※参照 http://xn--ekr604bkrel3l4jnxqx.com/)けっこうお金もかかるので、それが無理な人は自力で脱毛というのも一つの手です。

生活の知恵、インスタントラーメンの正しいゆで方

* 今日は「生活の知恵」のお話です。
最近、インターネットで話題の「おいしいインスタントラーメンのゆで方」があります。
あるインスタントラーメンのメーカーの研究開発者の方が考案だそうです。

[1]お鍋でお湯を沸かします。
[2]お湯が沸騰したら、麺をお湯にそっと入れます。
[3] [重要ポイント]
最初の1分間は、麺に触らず放置するようにします。
お湯が吹きこぼれないよう、注意してお鍋を見守って下さい。
吹きこぼれそうな場合は、火力を弱めます。

[4]1分が経過したら、麺を1回だけ裏返します。
[5]後は[3]同様、麺がゆで上がるまで放置すします。
お湯が吹きこぼれないよう、注意して下さい。
[6]どんぶりにスープの素を入れ、お湯を注いでスープを作ります。
[7]ゆで上がった麺をどんぶりに入れて、でき上がりです。

ポイントは[ゆでながら麺をかき混ぜない、ほぐさないこと]です。
一見、ゆでる途中で充分ほぐしたほうが、上手くいきそうです。
ですが実際は[ゆでている途中で麺に触るのは×]です。
麺の表面がこすられて、舌触りや食感が悪くなってしまいます。

また、具入りのラーメンを作るときもコツがあるそうです。
例えばラーメンの具に野菜を入れる場合です。
この場合は[麺をゆでている最中に野菜を混ぜ入れない]ことが
大きなポイントだそうです。
もし、そうしてしまうと
【お湯の温度が下がり、麺の仕上がりが悪くなる】そうです。

なので、ラーメンに野菜を入れたい場合は、別に加熱するか
麺よりも先にゆで始めることがポイントです。
お鍋でお湯を沸かし、沸騰したら野菜を入れます。
そして再度、沸騰したら麺を入れると良いそうです。

これはインスタントラーメンのゆで方ですが、
他のものをゆでるときにも応用できそうですね。

友人の再就職祝いを兼ねたパーティ

友人の再就職のお祝いに、集まってパーティをすることになりました。
集まるのは友人を入れて3人で、集まる場所は結婚して夫婦で働いているR子のマンションになりました。
彼女のマンションは低層階なのですがやや高台にあるため、目の前が開けており、遠くに海辺が見えて、日が暮れた後の夜景も望める素敵なお家です。
集合は土曜日の6時で、皆定時に集まることができ、軽くお互いの近況報告をしたりしていました。

6時を過ぎた頃、それぞれ持ち寄ったものをテーブルに広げたり、食べるまで冷蔵庫に保管したり、にぎやかに準備からパーティがスタートしました。
R子が早速出してきてくれたのは、今話題のクラフトビールで、デパ地下でコーナーができていたので、フルーティな香りがウリのものを購入してきてくれました。
それに大きなプレートに山盛りのフライドポテトはローズマリーを添えてあり、薄くスライスしたバゲットにはパテやオリーブがトッピング用に用意されていました。

他には、再就職したM子は白身魚のカルパッチョを台所を借りてささっと作ってくれて、私が持参したひよこ豆のスープも一緒に温めてくれて、さすが気の利くM子らしいとうれしくなりました。
木のカッティングボードの上には、パルミジャーノ・レッシャーノやブルーチーズなど、R子のセンスのあるセレクトで、これらがワインをとっても良くあってM子も私も絶賛しました。
日が暮れてくると、次第に空がブルーになってきて、風がやさしく吹き抜けるような心地よさを感じました。

R子はベランダに観葉植物をたくさん並べているので、それらと外の風景を眺めながら食事をするのは、とてものんびりしていいね、と皆で話をしました。
M子へのプレゼントは、前々から欲しいと言っていた某メーカーのワインクーラーをR子と共同で贈りました。
M子夫婦は揃ってワイン好きなので、ふたりで楽しい時間を過ごしてくれたら、という気持ちを込めて選びました。
とっても喜んでくれたので、この商品を選んで良かったです。

自分の中での節約

どこの家庭でも今はやりくりが大変だと思います。我が家も子供が増えて、上の子達は大きくなって来たし、今までとは違って子供にお金がかかる様になってきました。わかってはいたものの正直毎月が大変です。しかしだからと言って、子供に惨めだと感じさせる様な事はさせたくないと思っているので、何とか人並みに買ってあげたり、連れて行ったりしてあげたいと思っています。

そのためには何かを節約しないといけないと思って、出来るところは家族にも勿論協力はしてもらっていますが、それでももう少し節約したいと思った時に、何が出来るか考えてみたら、自分にかかるお金を節約して生活費に回す事かなあと思いました。毎月行っていた美容室も3ヶ月に1回くらいにしました。夏場は髪の毛をアップにしている事がほとんどなんで、行かなくても対して支障はありあせん。

今では毛染めも家で主人にしてもらっています。思った以上に問題が無くて、今まで何で毎回美容室に行っていたんだろうと思うくらいです。化粧品も昔は高ければ間違いが無いと思っていましたが、ドラッグストアに売っている物でも、使ってみたらなんら問題がなくて、今ではシンプルな事しか行っていないのでだいぶ節約になったと思っています。

でも、何で自分だけとは思ってはいなくて気が楽になりました。でも年に何回かは気分転換で美容室にいきますが、その程度で不満はありません。浮いたお金で家族で出かけるほうが今は楽しいです。うちは主人も子供と出かけるのが大好きなんで、少しでもお金と時間があったら出かけたいと思っています。子供が巣立ちまではお金はかかりますが、一緒に出かけたりできるのは子供が小さいあいだしか出来ないので、今を沢山楽しんで思い出を作りたいと思っています。お金はお墓には持って行けない、金は残せないけど借金は残さないというのが我が家の考え方です。